Event is FINISHED

Li-Po #43 ラオス食堂 presents モリタクの激レア・ラオス料理教室

Description
エスニック界の京料理?
〜魚醤サルサにモチ米つけて。それがラオス料理です〜

ラオス食堂 presents
モリタクの激レア・ラオス料理教室 3月18日開催!

*************************************************************

ラオス料理って何??
~南国ハーブやバナナの爽やかな香り。でも、魚醤が効いていて、どこか懐かしい味。主食のモチ米によく合うディップ中心のラオス食文化講座と試食会~

タイやベトナム、インドネシア、カンボジアなど、日本人にとっても身近な存在である東南アジアの国々のなかでも、これまであまり語られることの少なかったラオス。ラオスは東南アジアで唯一の内陸国で、中国内陸部(雲南省)、ベトナム、タイ、カンボジアの影響を受けながらも、山と森、メコン川の恩恵による固有の食文化が育まれました。
山間盆地で食べられるお料理は、野菜を多用し、素材の持ち味を生かしたシンプルな調理法が多く、爽やかなハーブ、スパイシーな唐辛子、野菜の甘みが素材を引き立て合いながら調和する独特の調理法で「エスニック界の京料理」と形容されることも。

そんなラオスに15年暮らし、ラオスと日本の架け橋になるべく2017年には日本ラオス初の合作映画を製作し両国で公開。さらには料理人としてのキャリアを生かしてラオス料理の紹介にも情熱を傾ける森卓さんをナビゲーターにお迎えし、ラオスのお話をうかがいながら激レア・ラオス料理を学び一緒に作って試食するという貴重な会!

料理好きの方はもちろん、旅好き、映画好きそして異文化交流に興味のある方必見!ぜひご参加ください〜。

**************************************************************

ラオス食堂 presents
モリタクの激レア・ラオス料理教室

【開催概要】

●日時  2018年3月18日(日)
     13:00〜15:00 (12:30 開場/受付)
●会場  渋谷Li-Po
     東京都渋谷区渋谷3-22-11-4F 電話03-6661-2200
http://li-po.jp
●参加費 5000円(受講料・材料費・試食代)
ドリンクのオーダーは別料金となります。
●募集定員20名
●申込締切 3月11日(ただし、定員に達し次第締め切ります)
●お申込・お問い合わせ Li-Po 03-6661-2200(平日18:00〜24:00)
       info@li-po.jp  
【内容】


○講座内容
もち米を主食に野菜ディップと、もち米によく合うオカズを学びましょう。

☆ラオス料理が生まれた背景、ラオスってどんな国?
☆ラオスでよく使う食品や調理法など
☆見た目も豪華、バナナの葉を使ってみよう
☆ラオスとタイは同系民族 同じところと異なるところ
など予定

○調理体験&試食会

(メニュー例)
1. 代表的なジェオ(ディップ)2種類(トマト・ナス)
2. カオニャオ(モチ米)
3. モック・パー(魚とハーブのバナナの葉蒸し)

→自分でつくったディップ&今日のレシピはお持ち帰りいただけます!

○持ち物 エプロン・筆記用具


【講師:プロフィール】

森 卓(もり・たく)
ラオス・プロモーター、料理研究家、映画プロデューサー、イベント・ディレクター。富山の調理学校卒業後、ホテル、会席仕出し、タイ料理などでの勤務を経て、8ヶ月間アジアを放浪したのちラオスに落ち着く。旅行会社に勤務後、同国初の日本語フリーペーパー「テイスト・オブ・ラオス」を創刊。ラオスに15年間暮らし、日本ラオス初の合作映画『ラオス 竜の奇跡』製作、完成とともに帰国(17年に日本・ラオスで劇場公開)。現在、旅と食をテーマにイベントを仕掛けるなど、ラオス・プロモーターを名乗り精力的に活動中。 

・ブログ「モリタクのラオス食堂」https://ameblo.jp/mori-lao-taku/
・J-wave ラジオ出演アーカイブ http://www.j-wave.co.jp/original/worldaircurrent/archives.html

Sun Mar 18, 2018
12:45 PM - 3:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費(peatix手数料含む) SOLD OUT ¥5,400
Venue Address
渋谷区渋谷3−22−11 4F-A サンクスプライムビル Japan
Organizer
Li-Po
1,424 Followers
Attendees
1
  • iku iku